Qualities of ナスノ

Grad student of History and Philosophy of Science, Bachelor of Public Health with emphasis on Bioethics. 医療とか情報にまつわる制度。情報の哲学を趣味にする。http://komad.tokyo/ は社会貢献

Book Review

2022年度に読んだ本とかゲームとか音楽とかマンガとか 前半戦

読んだ 本(小説) 井上ひさし『吉里吉里人』 井上ひさし 『吉里吉里人〔上〕』 | 新潮社 旧版で読んだ。新版だと表現が一部変わってたりするのだろうか。 エルヴェ・ル・テリエ『異常』 www.hayakawabooks.com www.sankei.com ↑思っていたよりエンタメした…

2021年度アニメ・漫画・ゲーム・映画後半戦

本(含むマンガ・学術書・論文) www.cambridge.org ↑研究ユニットの皆さんと読んだ。たしかになるほど使いやすいと思える理論だった。とくにタイトルにもなっている、増幅・減衰現象(とくに減衰)のあたりが日常生活とか専門外の話でも、あーああいう話あ…

「医療・医学は特殊だから」で立ち止まってはいけない(とりわけ科学技術論やりたい方は)

ケンブリッジの若手科学哲学者Stegengaによる、科学哲学の視点からの「医療・医学哲学」の入門書である『CARE & CURE』の書評を書きました。東大は文学部の有志の方々による新しい取り組みである、人文×社会投稿しました。ご高覧ください